ピックアップ ブログ

心と身体の不調

心と身体はつながっているため、心のSOSは身体の不調としてあらわれるなどとも言われているようです。たとえば昨日、会社で大きなミスをしてしまったことから上司に散々怒られ、なかなか寝付けなかったという朝は倦怠感に包まれて、気分が優れずなかなかやる気が起きないものです。人びとは心に大きなストレスを抱え込むと心身が防御体制に入ることで、自律神経の「交感神経」が活発に働きかけるようになるなどと言われているようです。交感神経が活発に働きかけることによって、緊張が高まるため寝付きが悪くなるなどと考えられているようです。このような心身からのSOSのサインを「不眠」として自覚したときは、ゆっくりと深呼吸しながら気持ちを切り替えることなどで、リラックスを促すとされる「副交感神経」を活発化いたしましょう。

おすすめ