ピックアップ ブログ

ストレスとの対峙

多くの人びとは何かしらのストレスなどの負荷がかかりますと、全身で防御体制の準備に取り掛かるとされ、呼吸の回数が増えたり心拍数が増えたりする反応がみられるようなのです。ストレス社会などと呼ばれている現代社会におきましては、このような状態が日常生活のなかで長時間もの間に繰り返されることによって、人びとは心身ともに疲弊しきってしまうなどと考えられているようです。呼吸や心拍などの回数を司る自律神経の働きとして、ストレスから身を守ろうとする働きは主に「交感神経」が優勢になることからもたらせられる働きであるとされ、人びとが安心や安堵を感じリラックスしているときには「副交感神経」の働きが優位になると考えられているようです。

おすすめ